顎関節症|学園前アップルデンタルクリニック|奈良学園前駅すぐの歯医者

アップルデンタルクリニック

近鉄『学園前』駅徒歩1分

急患対応

保険各種取扱

ご予約・お問合せ0742-51-0004

診療時間 日・祝
9:00〜13:00 / /
15:00〜19:00 / / /

顎関節症

【カテゴリ】嚙み合わせ

こんにちは、学園前アップルデンタルクリニックです。

顎関節症は口を開こうとすると顎関節(耳の穴の前にあります)や顎を動かす筋肉が痛む、あるいは十分には大きく口を開けられない。

または口の開け閉めで顎関節に音がする。という症状がでます。

顎にそれらの症状を持つ人は7割~8割もいるという調査もあります。

顎関節症の原因は一つではなく、いくつかの要因があります。

最も多いのは、顎と頭蓋骨の間にある「関節円板」がずれてしまうケースです。

「関節円板」は口を開けたときに前後に動き、骨と骨がぶつからないようクッションの役割を果たしていますが、これが前方に

ずれたままになってしまうと、口を開け閉めするたびに「カクン」と音がするようになります。

顎関節症の診断として、一般的には、症状がどのように始まり、どのように変化したかを患者さんんいお聞きします。

顎関節や筋肉、口の中を診査し、必要に応じてエックス線撮影やCTによって骨の異常の有無を調べ、骨以外の関節構造や筋肉の問題についてはMRIによって調べる場合もあります。

検査などを通して原因を把握し、それに応じた治療を行います。

あごへの負担を軽減するために一般的にはスプリント(マウスピース)を作製して治療を進めます。

顎関節症は、一時的に症状が出て、自然に緩解する場合がありますが、症状が改善しない場合や、痛みや口が開けにくいなどで日常生活に支障が出ている場合には受診をおすすめします。

 

 

© apple dental clinic All Rights Reserved.