歯の神経を取る・・|学園前アップルデンタルクリニック|奈良学園前駅すぐの歯医者

アップルデンタルクリニック

近鉄『学園前』駅徒歩1分

急患対応

保険各種取扱

ご予約・お問合せ0742-51-0004

診療時間 日・祝
9:00〜13:00 / /
15:00〜20:00 / / /

歯の神経を取る・・

  • HOME
  • 歯の神経を取る・・

【カテゴリ】むし歯

こんにちは、学園前アップルデンタルクリニックです。

皆さんは、「歯の神経を取る」というのを聞かれたことありますか??

神経を取る・・とても怖いワードです・・(^^;)

 

むし歯が進行すると、突然激しい痛みに襲われることがあります。

 

それは、歯の中の神経がある組織(歯髄)が炎症を起こしてしまうからです。

 

この様な症状になってしまった場合、多くは「抜髄処置」という処置を行います。

 

この抜髄が一般的に、神経を取るといいます。

歯の神経を抜く必要があるかどうかは、虫歯の進行度で判断します。


一般に「虫歯がどれくらい進んでいるか」は、「C1~C4」の4段階で表します。

では、どの段階になれば神経を取る必要があるのか??

治療の基準として、「C1~C2」なら神経を保存し、「C4」の場合は、神経はすでに死んでいます。

したがって、神経を抜く治療が必要になるのは、「C3」の虫歯となります。

 

このように虫歯が進行してしまうと、神経を取り、歯を失う可能性が高くなります。

ここまで進行させないために必要な処置が、定期検診なのです。

 

何もないのに歯科に行く事に違和感がある方は、是非、この神経を取る処置の段階を一度よく見ていただき

 

自分に合った通院方法で健康な歯を維持して下さいね。

 

© apple dental clinic All Rights Reserved.