喫煙と歯周病|学園前アップルデンタルクリニック|奈良学園前駅すぐの歯医者

アップルデンタルクリニック

近鉄『学園前』駅徒歩1分

急患対応

保険各種取扱

ご予約・お問合せ0742-51-0004

診療時間 日・祝
9:00〜13:00 / /
15:00〜19:00 / / /

喫煙と歯周病

  • HOME
  • 喫煙と歯周病

【カテゴリ】予防歯科

こんにちは、アップルデンタルクリニックです。

喫煙していると歯周病に罹り易いですか?

はい、その通りです!

喫煙をする人は、

「喫煙者は歯周病リスクが5倍以上」というデータがあります。

日本臨床歯周病学会のHPで次の様に掲載されています。

https://www.jacp.net/perio/cigarette/

ある統計データによると、歯周病にかかる危険は1日10本以上喫煙すると5.4倍に、10年以上吸っていると4.3倍に上昇し、また重症化しやすくなります。

喫煙が口腔内に与える影響

タバコを吸っていると歯肉の腫れや出血が見た目上抑えられ、患者さん自身が歯周病に気づきにくくもなります。

実際に治療を始めても歯肉の治りは悪く(もちろん何もしないでいるよりは改善しますけれど)、手術を行ったとしても効果の現われ方が非喫煙者よりも低いのです。

喫煙は発がんリスク同様、お口にとっても実は良いことは一つもありません・・。

お口全体の健康、歯周病予防の為にも喫煙はお勧めできません。

喫煙されている方は、「定期的なプロフェッショナルケア」を必ず受診下さい。

 

お口の中は普段からどんなに歯をみがいていても、自分では取り除けない細菌の温床(バイオフィルム・歯石)が必ずできてしまいます。

確実に取り除くのが、医師・歯科衛生士による「プロフェッショナルケア」の役割です。

喫煙者も非喫煙者もこのケアを受けるのと受けてないのでは、将来のお口の状態が大きな差が、必ず出ますので、定期的にお受け下さいね☆

 

 

© apple dental clinic All Rights Reserved.