☆妊産婦歯科健診について|学園前アップルデンタルクリニック|奈良学園前駅すぐの歯医者

アップルデンタルクリニック

近鉄『学園前』駅徒歩1分

急患対応

保険各種取扱

ご予約・お問合せ0742-51-0004

診療時間 日・祝
9:00〜13:00 / /
15:00〜20:00 / / /

☆妊産婦歯科健診について

  • HOME
  • ☆妊産婦歯科健診について

【カテゴリ】妊婦さん

こんにちは、学園前アップルデンタルクリニックです☆

 

前回に続き日本歯科医師会の母子手帳活用ガイドをシリーズ化します☆

今回は、妊産婦歯科健診についてです(^^)

☆妊産婦歯科健診の概要の案内

「妊娠中と産後の歯の状態」に「むし歯や歯周病などの病気は妊娠中に悪くなりやすいものです。

歯周病は早産等の原因となることがあるので注意し、歯科医師に相談しましょう。」という文言が記載されました。

地域の方に話す機会などを利用して、「妊娠したら歯科健診を受けましょう」、

「出産後も歯科健診を受けましょう」とアピールして下さい、とも書かれています(^^)

妊産婦の方が来院された時には、母子健康手帳を見せていただき、口の中の状態を記録します。

お腹の中では、もう赤ちゃんの歯ができ始めています。

最初に生える下顎乳前歯は胎生7 週で、第一大臼歯は胎生4 ヶ月で、できはじめます。

妊娠中には歯周病やむし歯が進むことがありますので、女性ホルモンの分泌が増加することや、つわりで歯磨きが十分行えないことによるものです。

重度の歯周病は、胎児の成長に大きな影響を及ぼすことがあります。

早産や低体重児出産を引き起こすリスクが高まるという報告がありますので、なるべく口の中をきれいにしましょう。

未治療のむし歯があると、口の中のむし歯原因菌の数が多くなります。

お母さんの口の中がきれいだと、生まれてきた赤ちゃんにむし歯原因菌がうつりにくくなります。

 

授乳期に指しゃぶり、おもちゃしゃぶりなどの口を使った遊びは、原始反射の消失と口の随意運動の発達の基礎であることを指導します。

6か月:(離乳期についての事前指導)

離乳食の食材の硬さ、大きさ、粘性などを感じて、それに応じて食べ方を変える学習経験を積みながら、食べる機能が獲得されるよう指導します。

乳歯がまだ生えていない時期から、舌・口蓋・歯槽堤で少しずつ噛みつぶす動きを練習してもらい、調理と与え方についても指導します。

 

今日はここまでです☆

 

長くなりますので、次回に続きます☆

 

それではまた更新します☆

 

学園前アップルデンタルクリニック

© apple dental clinic All Rights Reserved.