歯並びを悪くさせない3歳までの子育て  ➀姿勢|学園前アップルデンタルクリニック|奈良学園前駅すぐの歯医者

アップルデンタルクリニック

近鉄『学園前』駅徒歩1分

急患対応

保険各種取扱

ご予約・お問合せ0742-51-0004

診療時間 日・祝
9:00〜13:00 / /
15:00〜19:00 / / /

歯並びを悪くさせない3歳までの子育て  ➀姿勢

  • HOME
  • 歯並びを悪くさせない3歳までの子育て  ➀姿勢

【カテゴリ】お知らせ

アップルデンタルクリニック院長の三原広吏です。

2人の子供である娘が生後3週間を過ぎ、父親のテンションが高めな今日この頃です。笑

 

さて、先日お話しした3歳までの子育てで『お口の健康』に関して一体何をすればいいのかについてお話しします。

 

「お口の健康」と言っても、一体なにがお口の健康なのか?と思われると思います。

 

「お口の健康」とは具体的にいうと、

 

1、虫歯

2、歯周病(こどもなら歯肉炎)

3、歯並び

この3つの要素が関わっているのですが、「お口の健康」が維持されているということは

 

1、虫歯がない

2、歯肉炎がない

3、歯並びがガタガタしていない、出っ歯じゃない、八重歯じゃない = 歯並びがキレイ♡

 

こういう状態です。

 

そして題名にもあるように、

歯並びを悪くさせないための子育てについてお話しします。

 

歯並びは一体、何で決まると思いますか?

 

遺伝?

 

結構、そう思っている患者様はおられると思います。

 

ところが

 

歯並びは遺伝ではない!とおっしゃる有名な先生がおられます。

 

John Mew 先生という方です。←この先生凄いんです!!

 

この先生は、歯並びは遺伝以外にも大きな要因があるとおっしゃいました。

 

それが・・・

 

舌  です!!笑

 

ちんぷんかんぷんだと思いますが、舌の位置が歯並びに大きく関わっています。

 

その理由として、

 

はえてきた歯は一体どこに並ぶかといいますと、

 

外側に、唇や頬があって

内側に、舌があります。

その間に歯が並ぶので、舌の位置が適正でなかったり、口がぽかんと開いていたりすると歯並びが悪くなります。

 

 

そして、その舌の位置を決める1つの要因が・・・

 

姿勢 なんです。

 

3歳までの子育てで、「姿勢」に関わる内容として

抱く時

寝かせる時

授乳の時

 

この3つの行動の時にいかに「良い姿勢」を保つかが重要になってきます。

 

「良い姿勢」とは、大人でいうと

立った時に

 

耳の位置

肩の位置

腰の位置

足のくるぶしの位置

 

が一直線上にあるのが理想的な姿勢と言われていますが、子どもは違います。

 

生まれたばかりの子どもは背骨や筋肉が未発達なので、ぐにゃぐにゃで曲がっています。

 

この曲がった背骨のことを

Cカーブといいます。

 

このCカーブを意識した抱き方、寝かせ方、授乳の与え方が「良い姿勢」の基本となります。

 

ただ、Cカーブだけでなく、

生まれたばかりの赤ちゃんは股関節が弱いので

股関節を意識した抱き方も必要になります。

 

 

当院では、子どもの「良い姿勢」の方法について、実際に連れてきていただいたお子さんに実際に

抱いたり、寝かせたりしてお伝えさせていただいています。

 

詳しく知りたい方は当院までご連絡下さい。

↓↓↓

0742-51-0004

 

未来を生きる子どもたちのために

『明るく 楽しく 元気よく』

 

アップルデンタルクリニック

院長 三原広吏

 

<取得資格>

姿勢咬合医

子育てアドバイザー

足育指導士

口育指導士

息育指導士

オーラルケアマイスター

NLPマスタープラクティショナー

NESTA公認 キッズコーディネーター

体軸ファシリテーター

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

 

© apple dental clinic All Rights Reserved.